ビッケイ占星研究所の…今週の占い

ビッケイ占星研究所の毎週の運勢&まとめ

【240年ぶり】グレートコンジャンクション特設ページ【地→風へ】

皆さま!!


★全星座必見■2020年グレードコンジャンクションの話■ビッケイ占星研究所

 

f:id:bikkei_ss:20201203194559j:plain

 

2020/12/22くらいに20年ぶり、そして切り替わりとしては240年ぶりのグレートコンジャンクションという星回りがやってきます!!


グレートコンジャンクションとは発展拡大の木星と縮小制限の土星が抱き合う星回りで、20年に1度起こります。
一般的には相反する星が抱き合うという事で、衝突・世界中で変革というものが起こり始めるだろうと。
木星は成長していくぞ、広げていくぞ!と動くのですが、土星はおい、もっと縮こまって何もするな!と制限を加えます。
発展していく部分と現実的に考えていく部分がぶつかりあっていくんですね。
ここに大きいエネルギーというものが生じるのです。

 

 


土星はサイズの決まった箱です。
その中に木星という膨らんでいく風船を入れて空気を送り続けたらどうなるでしょう?
風船が割れるのか?あるいは箱が壊れて風船が飛び出るのか…?

そういうエネルギーが生じるという事で、我々の世界に対しても大きく「改革」とか「このままでは駄目だよね」っていう流れが出来上がるのです。
それは誰にも止められません。1人1人が抗おうとしても無駄なのです。

折しもアフターコロナ(まぁwithコロナの方が適当かな)の時代…このタイミングでグレートコンジャンクションが起こるというのも何だか印象的だなぁと思うのです。

もう以前の世界とは…悲しいかな、変わってしまった。
様式が構造が変わってしまった。

構造改革、システムの変化といったものが生じていく流れです。
エネルギーが生じるっていうのは「このままの状態を維持出来る」という事ではないのです。
局所的に誰がどうなるとかいうものではなく、時代の価値観が変わっていく。

 

余談ですが天王星も変化変革の星ですから、僕として天王星土星の方がすごいんじゃないのかな?とも思うんですが…まぁそれは別な機会にね。

 

しかも今回のグレートコンジャンクションは20年に1度のものに加えて、約240年に1度の大きい大きい時代の転換期という意味合いもあります。

 


今までのグレートコンジャンクションはずっと地の星座で起きていました。
これまでの時代というか約240年前くらいから、我々の世界・時代というのはとりあえず物質的、現物的、お金とか不動産とかそういう目に見える資産を軸にして時代は流れてきました。

 

ですが、その価値観が変わっていくのです。

 

地の星座から風の星座へ。


しかも水瓶座の0度という、純粋無垢な水瓶座で起こるのです。
星座の0度っていうのは、その星座の一番ピュアな部分が出るんですね。
水瓶座です。混じり気の無い、超純度の高い真水瓶座(まみずがめざ)(;^ω^)
個性的でエキセントリックで変化球で新し物好きで、でも誰とでも仲良くなれるほどのコミュニケーション能力もあって、不思議で面白い水瓶座
そこで木星土星が抱き合う。山羊座という国を乗り越えて国境を渡って次の水瓶座国に入った瞬間に抱き合うのです!!

「俺たち、国境を越えたんだな…!!この壁を乗り越えたんだな!!」
ガシッ…!みたいなイメージです。

 

今回のグレートコンジャンクションはセオリーで言えば、少しキツイ言い方になりますが「情弱(情報弱者)は淘汰される」という感じでしょうかね。


とにかく、情報戦に勝つ人間こそがこれからの時代の先導者になっていくのかなぁと思います。
お金がどうこうとか、良い土地がどうこうとか、もちろんそういう価値観が無くなるとは言いません。
ですがそういう物質的な…ある種の俗物的価値観至上主義ではない時代になっていくのです。

 

資産家→知産家
地の星座→知の星座

というような感じです。


これはちょっと話がそれるかもしれないし、適切ではないかもしれないんですが…
例えば昔だと戦争=総力戦みたいなものが勝敗を決めていたわけですよね。
どれだけ兵士を投入出来るのか、どれだけ兵器を投入出来るのか、ミサイルをいくら持ってるのか、核ミサイルをどれだけ打ち込めるのかとか。
これもある意味では物質主義なんです。

でも風の時代になったらそういうものよりも情報戦なんですよ。
相手の国の情報や通信を混乱させる。
コミュニケーションそのものを成立不可能な状態にするとか。
あるいは相手国のPCとか政府機関のシステムにハッキングして、混乱させて、爆撃とか銃撃戦すら行わない事が普通になっていくみたいなイメージですね。
仰々しい平気やミサイルなんかじゃなくて、小型のドローンで侵攻したりね。
そういうところでも「あぁ、時代が変わったなぁ」と感じるかもしれません。
まぁ戦争は無いに越したことはないので、こういうのすら行われない事を願いますが。

 

情報を手に入れ、情報を発信し、風のように分け隔てなく誰かと誰かの間をすり抜けて繋がっていく。
AI、SNS、5Gといった通信のこと、最先端のこと…。
今この瞬間でさえ、それらがこれからの時代を引っ張っていっているとわかりますよね。

 


そういったものの有用性や価値というものに大きくシフトチェンジしていく事になるのです。
今まではお金だ土地だ資源だ何だと目に見える物質的なものにこそ価値が置かれていたものが、段々とシフトチェンジしていくという流れです。

しかも!!!水瓶座で起こるのですから、そこには画一的な情報発信という印象はありません。
例えて言うなら、NHKみたいな国の広報機関とか記者クラブみたいな横並びで発信される情報とかではないんですよ。
もっと、個人が自由に発信して、何の制約も縛りも無く、1人1人が自分自身で蓄えた知と情報を発信する。
社会全体が、時代が、個人個人をメディアにしていくのです。


今の時点でもそうですよね。
例えばYouTuberっていう人たちが自分だけのメディアを持つようになったり、SNSで時代や政治が変わったり。
これからの時代はもっともっとそういうのが目立っていくんだと思いますね。

 

閉鎖的ではなく、自由に誰とでも繋がって情報を共有していく。

 

いくらオープンソースを公開出来るか、価値ある情報を提供出来るかが1つの社会的成功の基準点になるのかなぁと思います。
Googleも自社でニュース

 

昔は例えば隣近所でお味噌とかお米の貸し借りとかがありましたよね。
でもこれからの時代は情報の貸し借りとか情報の共有っていうようなものが普通になっていく時代だと。

もちろん、何度も言いますがお金というものの価値観が全くなくなるわけではないですよ(笑)
経済的なものというのは絶対的に無くなりません。

yahooの知恵袋ありますよね。
あれってある意味では人類の英知の結集だと思うんですよ。
もちろん間違ってるものとか、古くなった情報もあるかもしれないんですけどもああいうものが突然に力を持ち出すとか、パワーを持つとか。
Wikipediaもそうですよね。情報ですよ。そういうもののパワーが強くなっていくのでしょう。

 

我々は知の時代に突入することになります。

単純に学校のテストで100点取れるから有利ということでもないとは思います。

 


今までの現物至上主義の時代だったらそれが大切な事だったでしょう。

でもこれから正解の無い問題が溢れる世の中で、果たして学校のテストで100点取れるような人が生き残れるでしょうか?


正解の無い問題を出された時に「正解ではなく最適な答え」を出せる人が、これからの時代に生き残れる人なのではないでしょうか。

 

その最適な答えというところには、あなた様自身の「個性」「オリジナリティ」「面白さ」というものを絡めていかなくてはいけません。
そういう人こそがふさわしい時代になっていくことになるのでしょう。

ふさわしいって別に優生思想という事でもないんですが。。
時代がそうなっていくから、その流れに乗るのが普通になっていくと。

 

価値観は変わるのです。
それは時代がそういう時代になっていくのです。

グレートコンジャンクション


木星土星が抱き合う瞬間、あなたの人生がより良いものになっていきますように。

 

bikkei-ss.hatenablog.com