ビッケイ占星研究所の…今週の占い

ビッケイ占星研究所の毎週の運勢&まとめ

【今月の運勢】サソリンだけの10/23-11/22の1か月運勢

f:id:bikkei_ss:20201022203720j:plain

 

今月の運勢っていう感じで書いてみようかと思ったんですが、、太陽の動きとリンクさせた方が良いかと思いまして。
なので10/23-11/22までの1か月運勢になっていまーす(^^)

散々言っていますが、水星逆行は10/15くらい~11/4くらいまで続きます。
その期間は本当に…もう…耐えてください(笑)
過去の軌跡を栄養にして乗り切ってください。

10月の運勢と被る部分もあるかと思いますが、まぁちょっと読んでみてください。
サソリンだけの運勢だから気合入れています!!
でも、このサソリンだけ運勢もいつ止めるかわかりません(;^ω^)
途中でやめられなくなるのでね、、やりたくないんですよね。

あーーーー!!!それと一番大事なことをお伝えします。

既に過去に私か私以外か、誰でも良いんですがちゃんと出生時間などのデータを揃えた上で占星術鑑定をした事がある方に関しては、今回の記事は全く参考になりません。
あくまで出生データがわからない人向けのものです。
そこだけ頭に入れてお読みくださいましまし。

 

 

10/23~11/22までの月間テーマはまさに【自己の部屋】!
お誕生日期間ですからね、サソリン!ハッピーバースデーや!!

今度、サソリン限定で「毒針の会」を開きましょう(笑)

太陽は意識的能動的に活用していき、自己確立をしていくものです。
その太陽は【自己の部屋】という、まさにサソリン自身のアイデンティティや肉体、性格、個性を意味する場所を運行します。
お誕生日期間っていうのは基本的にその星座が主役なんですよ。
まぁ主役=運が良い!っていうことでもないんですが。。

それでもサソリンはこの時期に「私は私のために二本足で立つ」っていう意識になっていくんですね。
他の事に構っている暇はありませんし、他者に手を差し伸べるような気持ちにもなりません。
それは冷たいとか優しさが無いとかいう事ではないんです。
誰かを救うために、手を差し伸べるためには自分が強くならないといけないと気付いているのです。

「私が私を生きる理由」「私が私である理由」という部分にバイタリティを投入していくことになります。
自分を高めて自分を強くするため、サソリン強靭化計画の1か月になります。

バースデーケーキのろうそくの数は、サソリンの強さのレベルですよ。

 


■水星逆行
散々書いてるんですが水星逆行のことを。

10/24くらい~10/28くらいまで、太陽と逆行してきた水星が抱き合う。
それと同時にそこから11/8くらいまで太陽と向かいの【パートナーの部屋】にいる天王星がそっぽ向く形で刺激しあう。

太陽は常に前進し、脇目も降らず猪突猛進型で進んでいきます。
人間っていうのはやっぱり前向きに進んでいく、バイタリティというものを常に目の前のものに投入して、自己確立というものをまだ見ぬものを使うことを意識しているんですね。
そんな前向きな太陽と、過去へとさかのぼっていく水星が抱き合います。
瞬間的なものでありますからそこまで大きな出来事ではないんですが…前進する活力と過去へとアンテナキャッチする水星が交差する瞬間ですから、やはり混乱の臭いはするのです。
言ってみれば過去のデータベースを検索しながら「最新情報を入手」しようとしている…といったところでしょうか。
最新の株価を知りたいから10年前のネット情報でググるみたいな(笑)
まぁ瞬間的なものではあると思いますけども。

11/11~順行に戻っていた水星がまた【自己の部屋】を運行し始める。
逆行しすぎて【自己の部屋】の1つ前の【秘密の部屋】にまで戻っちゃっていました。
その水星が【秘密の部屋】で再度順行をし始め…また【自己の部屋】に突入していきます。

【自己の部屋】は太陽が示している通り、自分自身のことや性格、個性、アイデンティティといったものを意味する部屋です。
そういうところで水星は「正しく」作用していくことになります。
セオリーとしては頭の回転の速さ、スピード感の上昇といった感じですね。
多分、逆行中は色々ともたつく事になっていました。
踏み出した右足を次に踏み出した左足で踏んじゃって、足がもつれちゃって(笑)

でも水星が順行になったら、サクサクサクッとスピード感が戻ってきます。

 

例えて言うなら、テンポ良く問題に答えていくイメージですね。

逆行中が「正解を書くフリップを取るために20m離れた場所まで全力疾走して、いちいち答える」っていうものだったら、
水星順行は餅つきのように「ポンポンと出されるお題にテンポ良く回答していく」ような感じです。

自分自身の中の正しくキャッチすべき部分をアンテナが正常にど真ん中にチューニングを合わせてキャッチするんです。
知性、喋り、スピード感。もたついていたものを全部解消するべく、水星はフルチューンで動き出していきます。

で、既に先に太陽が【自己の部屋】をぐんぐん進んでいるので、それを後から水星が追いかける形になるんですね。
今度はソリッドな自己確立、無駄なものを削ぎ落して自分自身のレベルアップや意識改革というものを経験した後に、情報収集の水星が太陽の後を追っていきます。
イメージとしては太陽が「俺、もうパパパーっとやっていくからそれを記録して後でデータでまとめておいて!」と水星に託すようなイメージですね。

太陽が一通りやっていった後で、その軌跡をしっかり水星がチェックして記録していく流れです。
自分は何がどうレベルアップしたんだろう?と後から気付いていく流れになります。

まさにやっている瞬間っていうのはあまり気付かないんですよね。
後からふとした瞬間に「あ・・・いつの間にか成長してるんちゃうん…?」みたいな。

そういうデータを収集しつつ、バイタリティーを投入した部分の情報を取り入れて、思考に絡めていくような感じです。
私は私、私という人間はこういう人間なんです!っていうのを意識的に思考に落とし込む。

 

俺も中学か高校の時に片手腕立て伏せが突然出来た時は驚いたなぁ。
もちろん不格好だったけど。
いつの間にか出来てるようになってるんだぁと。


11/7くらい~11/15まで太陽と【娯楽の部屋】にいる海王星が肩を組む良い角度を形成。
ここは恋愛運における良い意味での「夢想モード」とも言いましょうか。
恋愛運に限って言うなら、現実離れした恋愛にのめり込むような瞬間です。
でも別にそれって悪い事ではないんです。錯誤の森の中にふらふら~といくっていうんじゃなくて、ピーターパンと夢の国を飛び回るようなイメージですね。
そこにネガティブさは感じません。むしろ、現実的な思考だったらこんな事は出来ないよなぁっていうことが期待出来る時期かと。


11/12くらい~太陽は木星土星冥王星と握手する良い角度を形成していきます。

太陽がサソリンの「自分自身に対してのレベルアップ」を進めていくと、木星土星冥王星という上級生チーム3人に可愛がられていきます(笑)
サソリンが新入生で生徒会に入って文化祭の準備に大忙ししてたら、上級生3人がそっと近づいてきてくれて手伝ってくれる感覚ですね。
鬼滅の刃で言うと、炭治郎に優しい煉獄さんとか富岡さんみたいな(笑)

 

キチンとレベルアップの増大さがあって、現実的な型(フレーム)も出来て、更に極端になるほどの強制力といったものが全て良い意味で作用していきます。
バイタリティを投入する=その部分で幸運という単純な図式ではありません。
やはり太陽が他の星とアスペクトを形成することで更なる運勢が展開していくのです。
ですから太陽がサソリンの【自己の部屋】を運行しながら、この上級生3つとそれぞれ良い角度形成をとっていくというのは、サソリンにとっては非常に喜ばしい事です。
一定の成功というか達成感、自律性、レベルアップした事による「パワーゲームでの強さ」、こういうものをが発揮していく時期になるのだと思います。

 

10/28~11/22まで金星が【秘密の部屋】を運行
お楽しみの金星はというと…この期間の金星は【秘密の部屋】を運行する事になります。
秘密の地下室でお菓子パーティーといったところでしょうか(笑)
あまり大っぴらに楽しんだりとか、派手にキラキラしていくのではないんですね。
何せここは隠れた部屋ですから。
つまり楽しみも喜びも自分自身の心の奥深い場所にある…そういうイメージです。
おりしも水星逆行~順行も【秘密の部屋】で瞬間的にではありますが起こりますから、そういう自分自身の心の奥底と向き合う事での楽しさというのはあるんじゃないかなぁと。
ほら、自分のことを知るって楽しいじゃないですか。

例えば自分で書いたくせに読み返すと面白い小学校時代の作文とか。
今の人だったら、10年前に撮ったYoutubeとかね(笑)

自分でやったくせに自分の面白さにハマっちゃう、そういうのを金星は展開させていくことになります。


あぁ、また11月分もアップしてしまった…。
どうしよう、12月もやらないといけないんじゃないか…?

でも、ひとまず2021年分のサソリンの運勢は出来ているので…はい…。
それはまた年末になったらアップしまっすわ。