ビッケイ占星研究所の…今週の占い

ビッケイ占星研究所の毎週の運勢

2020/8/31-2020/9/6までのサソリンの運勢

▼まとめやってまーーす▼

 

 ▼サソリンだけに2020年9月の運勢▼

 ▼サソリンのためだけに2020年9月の運勢テキスト編▼

 

 


 Hi!!チームビッケイ・サソリン班の皆様へ

 

 

水星の説得力。現実的思考能力。
【未来の部屋】を運行中の水星は、土星冥王星と肩を組む良い角度を形成する。
まるでそれはあなたの脳みそへ土星冥王星が無理矢理侵入し、浸食するかのような。
あなたの脳内は土星という現実的思考、そして冥王星からの「カリスマ的説得力」によって如実に成果を上げていくだろう。

「サソリンが遠く未来に思いを馳せる」という言葉を聞くと、何だかとても不思議というか面白いなぁと思うのです。
何故ならサソリンに大事なのは「常に半歩先の未来」だけだからです。
遠い遠い世界を夢見るのではなく、1歩ずつ着実に「ここは大丈夫だ」という絶対的確実性安心感が得られる半歩先だけがサソリンにとって重要な未来だからです。

ですがこの時期、水星がサソリンの【未来の部屋】を運行するとサソリンも「あ、ちょっと半歩先じゃなくてもう少し先の予報も知っておきたいなぁ」と動き回ることになります。
でもそれも未来の予報を活用するというよりかは「本当に当たるかどうか確かめる」ためのツールだったりするんですが(笑)

 

そんな中でサソリンは半歩先の未来のための情報収集の過程で非常に強い現実的思考を持つことになるんですね。
願望とか未来とか希望といったものは、出来れば現実を見ないで(知らないで)いたほうが都合が良いものです。

例えば僕はドローン飛行を趣味にしているのですが、都内はどこも簡単に飛ばせないところばかりなんです。
でも現実的な情報を知ってしまうと「あ、ドローンやめよ」ってなっちゃうから何も知らないで色んな可能性を信じるようにしていたわけです。

でも、実際飛ばすってなると当然国交省の許可とか避けては通れないものが出てくる。
そりゃそうです。勝手に飛ばしたら捕まるから。
だから現実的に飛ばせる場所を、どうやったら許可もらえるかっていうところで詰めて考えていく。

今週のサソリンもまさにそんな感じです。
どうすればこの未来の願望は叶えられるのだろう?っていう部分で現実的な整合性をキッチリとっていく。
そこにも冥王星が絡んでくるんだけども「今までのものは全部バッサリ切り捨てて新しい考え方で」っていうふうなものでもあるのです。
サソリンは割と自分のスタイルに固執するタイプだと思うんですが、極論に針を振り切る時は世界が驚くほどの変貌ぶりを見せてくれます。

今週、サソリンの脳内に宿る極論はまさに一条の光。

もちろん太陽も水星と同じ部屋を運行中だから、キチンと思考に対してバイタリティというものがついていくような感じ。
思考とやる気がちぐはぐではない、だから強いんやな。

さらにそこに太陽-木星-天王星、強大トライアングル。
大輪の花火が咲き誇る、そういう突発的な幸運の風が後ろから吹いてくる。
あとはその風に乗るだけ。