ビッケイ占星研究所の…今週の占い

ビッケイ占星研究所の毎週の運勢&まとめ

2020/7/20-2020/7/26までの魚座の運勢

▼まとめやってまーーす▼

   

★ビッケイ占星研究所Youtubeチャンネルご登録お願いします。

 

  チームビッケイ・魚班の皆様へ

 

 

7/23-8/22まで、太陽は【健康/労働の部屋】を運行します。
ここからは月間テーマの切り替わりです。

例えば会社で「今月は〇〇契約取得強化月間だから、いつも以上に頑張ってくれよな!」というようなものをよく聞きますね。
契約とか売り上げ達成強化月間とか。

この時期はそういう感じで魚座さんにも「労働強化月間」がやってきます。
とは言っても、そこには能動性があるんですね。
もちろんキッカケが自分以外のものだったとしても、自らで「おし!この時期はもう働いたるわ!やったるわ!!」っていうことに繋がっていきます。

この世に生きる多くの人はそのほとんどが働かなければ食べていくことが出来ません。

ホリエモンなんかは「とにかく遊んだ人の勝ち」とか「遊びを突き詰めろ」みたいなことをおっしゃっています。
もちろん楽しいことだけやるって大事ですし、そういうマインドを持って生きていく人こそがこれからの時代は生き残るとは思うのです。

でも占星術視点で考えると、やはりこの【健康/労働の部屋】っていうのはちょっとツライんですよね。
決して、ここに「笑顔になる要素」というのは少ないんじゃないかなと。

だから、人から見て楽しそうな仕事をしていても、そこには辛さがあるんですよ。

例えば猫に囲まれる猫カフェの店員さん。
傍から見たら、そりゃ天国やん!って思うかもしれないけど猫の世話をするというのはそれはそれでツライでしょうしね。
プロサーファーだって、波乗りして気持ちよさそう!って思うかもしれないけど本人(というか運勢)としては、辛い部分があるものだと思うんです。

労働。

労働。

労働。

 

働き方。

魚座の働き方に関する能動的な意識をこの時期はまじまじと見つめてみてください。

「あ、私にとっての仕事ってこれなんだ。これが私にとって働くっていうことなんだ。」
そういうようなものと、この時期は巡り合うというか掴み取るのでしょう。

あ、でもちょっとだけ土星と太陽がそっぽ向く形で刺激しあうので、そこはちょっとピリッとなるかな。
あのー・・・「こんなものも私にとっての仕事なのか…」という、ちょっとしたハードルが出るかもね。
無償の奉仕とか、お金一切出ないくせにちょっとツライわっていう業務が(笑)

それと…面白いなぁと思うのは相変わらず、先週書いた木星冥王星の上級生タッグは夢の海王星と握手する良い角度を形成しているという事です。
我々一般庶民(そうじゃない人もいるかしら)が抱く夢と、この世の全てを手に入れるだけのパワーを持つ最高権力者が抱く夢はどう違うのでしょうか?

あなたが望んでいる夢というものは、極限までに膨れ上がって大きな大きなドリームファクトリーを形成します。
普通であれば、そんな夢物語はシャボン玉のように一突きされたら消えてしまうものです。
しかし、木星冥王星から託された夢の続きは、もうしばらくあなたを浮つかせるでしょう。
超物質的且つ現実的な後ろ盾を背景にした理想郷は荒廃することなく、あなたを歓迎するのです!!