ビッケイ占星研究所の…今週の占い

ビッケイ占星研究所の毎週の運勢

★2020年の獅子座の運勢

2020/2/11 youtubeにて1年間運勢の解説動画をアップしてまーす。私と、そしてチームビッケイの皆様のためにもチャンネル登録願います!!!!

 


チームビッケイ・獅子班の皆様へ

★獅子座

2019/12/3~2020/12/19まで木星は【健康/労働の部屋】
現在~2020/12/18まで土星は【健康/労働の部屋】
をそれぞれ運行している。


今年、獅子王に訪れるは「自身の健康」と「王としての働き方」である。

「病は気から」なんて言葉がまさに当てはまるような1年になる。
健康そのものは充実しているし、旺盛な胆力で乗り切れるやろう。
それに伴って、王としての働き方も充実している。

まさに!まさに!!そんな王を見て国民は更に頑張ろうと思い、国は栄えていくのだ。

 

木星は王の身体と仕事を拡大し、幸福なものにしていくだろう。
健康と仕事がキッチリ充実していく事ほど人間にとって幸せなものはない。

恋愛の充実?いやいや、それは去年の話ね。
今年の宝物はそこにはないのである(^ω^)

しかし…しかしである。

同時に土星が王に試練を課す。
それは王にとって「現実的な課題」である。

漠然とした「感覚的に対処にするもの」ではなく、目の前の「現実的な課題」なのである。

土星はいつだって現実的であり、キュッと引き締めてくる。
それはまるでどこかで誰かの視線を感じるというものではなく、目の前で・すぐ横で、ガミガミと言いながら厳しく監視してくる。

今年の獅子座は王でありながら、その厳しい監視の下、いつになく雑務に追われるやろう。

そして健康面へのガミガミも。

「え?そんな夜更かしすんの?」「何その食生活」「は?運動しないの??」
土星は王であろうとも容赦はしない。

王は今年、また強くなるために身体のメンテナンスをするのです。


もし、あなたが「○日後にこの株価が騰がるぞ、下がるぞ」とわかればそれに対して適切な対応が出来ますよね?
騰がるなら買うし、下がるなら売るし。

木星が騰げる部分、土星がハードにさせる部分を今回知った事であなた様も適切な対応をとる事が出来ると思います。
まぁ…それをじゃあ実際にやるかどうかは皆さん次第やけどもね(笑)