ビッケイ占星研究所の…今週の占い

ビッケイ占星研究所の毎週の運勢

★2020年の牡牛座の運勢

2020/2/11 youtubeにて1年間運勢の解説動画をアップしてまーす。私と、そしてチームビッケイの皆様のためにもチャンネル登録願います!!!!


 

チームビッケイ・牡牛班の皆様へ

★牡牛座
2019/12/3~2020/12/19まで木星は【外国の部屋】
現在~2020/12/18まで土星は【外国の部屋】
をそれぞれ運行している。

 

夢の無い話かもしれない、この世は。
暗いニュースしかない。
非正規?少子高齢化?不景気?低賃金?ブラック企業?晩婚化?貯蓄ゼロ世帯?

良いニュースなんてあるやろか?
これから良い未来なんてあるんやろか?

今、目の前の生活でいっぱいいっぱいで…どうすれば儲かるやろか?
どうすれば今月の生活費を捻出出来るやろか?
どうすればもっと実用的な知識を得られるやろうか?
どうすればもっと…今の生活を…もっともっと…

牡牛座らしい悩みです。
牡牛座らしい苦しみやなぁって思う。

 

でもね、今年はそういう目の前の苦しみや実用的な知識は少し置いといて、遠いところ、もっともっと「役に立たないもの」を追い求めて、そこからの恩恵を得られる事になるんやで。

役に立たないもの?

そう、役に立たないものです。
ちょっとこんな言い方をすると乱暴やろうか?
いや、でもそう…実用的なものではないものってことやね。
例えば、今日明日食べるものにも困る人がピラミッドの作り方を知って何か意味あるやろうか?
不眠症で困っている人に東洲斎写楽の真実を語っても意味ないやろう(笑)

それはつまり、遠いところ。
今、目の前に必要なものではなく何に使うかわからんし、役に立たないんやろけどっていうものに宝物が眠っている1年。

昔、ドクター中松が作ったジャンピングシューズってあったでしょう?
そう、そういうのを追い求める事…そういうのに1年間の幸福があって、またキチンとそういうものから嬉しい差し入れもあるわけ。


そして、土星という抑圧・制限の星も現在同じ【外国の部屋】を運行しているのです。
つまり、拡大と抑制が同時に行われるっていうね。

言うなれば、光と影。

例えば旅をするっていうところにフォーカスして考えてみる。
【外国の部屋】は遠い世界への旅をも意味する部屋やから。
だから、今年は遠い世界への…この遠い世界っていうのは単純な物理的距離だけではなく、近くて遠い「牡牛座自身の心の中」をも範疇に含んでいる。

この土星からのハードさ、試練っていうのは…何だか単純に辛い苦しい現象としてやってくるというよりも、あなた自身の心の向き合い方であるとか、重荷を背負って無駄な事をやっていくって事かなぁと思うんです。
つまり、分厚い重たい本と本棚を担いで生きていくような1年っていう。

辛いんやけど、あなたは役に立たないものを抱える事が今年とっても楽しくなるやろし、お宝が眠っているから。。
木星は拡げて増やして甘やかす…今年は上記の部分がそれの対象です。

もし、あなたが「○日後にこの株価が騰がるぞ、下がるぞ」とわかればそれに対して適切な対応が出来ますよね?
騰がるなら買うし、下がるなら売るし。

木星が騰げる部分、土星がハードにさせる部分を今回知った事であなた様も適切な対応をとる事が出来ると思います。
まぁ…それをじゃあ実際にやるかどうかは皆さん次第やけどもね(笑)