ビッケイ占星研究所の…今週の占い

ビッケイ占星研究所の毎週の運勢

蟹座の2019年の運勢

 

日々、働くことは生きることと一緒なんよね。蟹座が今回、木星移動によって得られるのは奉仕の精神、健康運といったところ。
ここの部屋ってね、すごいズルイなーっておもうのね(笑)
だって、健康と労働だよ?そんな重要な2つの意味を持つ部屋やからね。
そりゃどっちかはどうにかなるよね(笑)

蟹座は優しい親分肌の人。俺が心配してるのは我慢し過ぎておかしなことになるんと違うかなって。
我慢っていうと木星の意味とは少し違うかな。あのー、緩めになるっちゅうかね。
そこに対しての危機意識なんて消えてしまうほどゆらりのんびり…大陸的な(笑)
それと、これから1年ちょっとは多忙になるかな。

淡々とした職場での労働が拡大すると。ただ、何というか社会的なデビューみたいな華々しさではなくて、下積みみたいな感じ。
テレビには出ないけど舞台とかネタ作り、ライブでめちゃくちゃ多忙になるみたいな芸人のような。

その下積み1年間頑張っていると…次の1年間でようやく蟹座にも春っていうか常夏の楽園っていうか、そういう…ご褒美タイムがやってくんねん。
今はそのデビュー前の多忙な時期です。

売れ始めた芸人って実はめっちゃ辛いのよね。

売れ始めたけど、まだギャラがそこまで入ってこない。
でも売れ始めちゃったから(顔指されるようになったから)バイトもおいそれと出来ない。
で、お金無いみたいな(笑)

蟹座の場合はそういう芸人さんではないから、別にお金で困るってことはないやろけども、まぁとにかくコツコツとやるべき事が広がっていく感じです。

1年間ちょっとそれで頑張ってみて。

 

で…今年、蟹座の課題になるのは恋人、伴侶、人間関係ね。
まぁ…人間の悩みって大体、仕事・お金・恋愛・人間関係・健康…これくらいやんか(笑)
その中の人間関係っていう部分に蟹座が「乗り越えなければいけない課題」っていうのがある。

単純に嫌な奴が出てきて、この1年間を引っ掻き回すとか、そういう浅い軽いものではないような気がすんのよね。
(もちろん、そういう可能性は0ってわけやなくてね)
もう少し、こう…重ための雰囲気がすんねんなぁ。
例えばそれは単純に新しく知り合う人たちがまるで学校の先生のような厳しさを持っているとか、居心地は良くないんよね。
良くないのよ。息が詰まるっちゅうかね。
そういう中で蟹座は「あー…この人間交差点、嫌やなぁ」ってずーっと逃げたくなる。
逃げたくなんねんけど、後で振り返った時にわかんのよ。
「あ、あの時の辛さが全部役に立ってるやん…!」って。

確かに楽しい人間関係とか夫婦仲とかね、そういう中で学べるもの・感じられるものってたくさんある。
あんねんけど…今年はね、そういう楽しさ云々ではなくて、学校の先生とか師匠から色々と厳しく指導されるような雰囲気です。

そういう意味では恋愛運っちゅうのはイマイチやったりもするね。
土星は縮小させる星やから。

それでも11月初旬は楽しい恋のキャッキャウフフがある時期ね。
厳しい先生からマンツーマンで指導を受けている時に、先生がちょっと職員室に行っている。
そしたら、たまたま通りがかった素敵な人と立ち話しちゃうっていうね(^ω^)

 

▼2019年からの新サービスです。