ビッケイ占星研究所の…今週の占い

ビッケイ占星研究所の毎週の運勢

2020/6/1-2020/6/7までの天秤座の運勢

 

 

f:id:bikkei_ss:20200517215312j:plain

ビッケイ占星研究所 HPをリニューアルしました

 

 

 


 

 

★ビッケイ占星研究所Youtubeチャンネルご登録お願いします。

  チームビッケイ・天秤班の皆様へ

 


【外国の部屋】で太陽と金星が抱き合うのだが、火星とちょっとバチバチ

「知らないことが残ってるのは幸せだ。それを忘れちまったら生きた屍さ。」
あかり from HERE / クラムボン feat.THA BLUE HERB

THA BLUE HERBという北海道のヒップホップの人のリリックなんですけども。
この時期の天秤座を表した実に見事なリリックだなぁと感じるのです。

この時期、天秤座は知らない事を知るために、そしてその知るっていう行為にものすごい快感を覚えるわけですね。
例えて言うなら、もう専門書の1ページをめくるたびに昇天しちゃうような(笑)

昇天で思い出したんだけど、浅草の待乳山聖天でお願いごとすると願い叶うよ。

頭の中にある使っていない知識を蓄える倉庫を全部解放して、そこにどんどん詰め込んでいく。
詰め込む荷物は遠く海を越え、山を越え、自分の知らない見聞きすらしたことが無い世界から運ばれてくる。

船から積み荷を降ろし、倉庫へと運び入れていく天秤座の顔がこれまで見たことも無い笑顔になっています。
いつもは優柔不断な天秤座ですが、この時ばかりは「はい!これはもうどんどん場所考えなくて良いからとにかく倉庫に運んで!」ときびきびしています。

人との触れ合いだけが楽しみではないんだ、いやいや、逆に学ぶことってみんなと一緒に楽しむ娯楽の要素にもなりうるんだなぁと実感することでしょう。

しかし、そこに対して火星がちょっとふっかけてきます。


「なぁ!船燃やして良い?」
「ねぇ!積み荷を燃やして良い?」

これにはさすがの天秤座もキレます。
お前何やねん!向こう行けやドアホ!

この時期、ちょっとトラブルがあるとすれば学ぶことに対する「過剰な執着」かな。
知識の積み荷を燃やされてしまって、またそれを習得しなければいけない。
ちょっとオーバーワーク気味に頭に詰め込まないといけないみたいな。

それが悪いってことではないんですけども、あまりやると天秤座初(?)の知恵熱が出てしまうかもしれません(笑)

10個学んだら、今度は1つずつ頑張って「忘れようと」してみてください。
それがまた逆の学びとして楽しく出来るでしょうから。

…で、それはそれとして、水星と天王星がスムーズな角度を形成するので、「ちょっとおもろいアイディア」っていうのがポン!と浮かび上がってきます。
それは何というか、考えようと思って考えつくものではなく…ふと窓の外を見たら窓ガラス越しに猫が通っている影があった!みたいな如く。
ふとした瞬間に沸き起こる面白さですから、何か良い感じに有効活用出来れば良いよね。